スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月16日(日)  熊本県保健科学大学にて運動会

保健科学大学の木村先生方と学生の皆さんのお世話で、2回目の運動会を計画して頂きました。

20名ほどの家族会の仲間が参加て、日頃のストレス発散とみんなハッスルしました。

CIMG3227 (800x600)  CIMG3229 (800x600)  CIMG3228 (800x600)
運動会  CIMG3240 (800x600)  CIMG3241 (800x600)

皆さんの笑顔最高!

お世話頂きました先生方、学生の皆さん、楽しい時間ありがとうございました

終了後、反省会と近況報告をしました。

今回は家族会の仲間が、辛く悲しい思いをしたことを中心に話し合いました。


昨日の事だけど、JR豊肥線の原水駅を利用して出かける時に・・・
運転手さんから、「無人駅だから駅員のいる駅から乗るように」と大声で言われた。
車椅子の自分を乗せるのと、無線連絡にダイヤが乱れるらしい。でも今日までは乗せる。と言われ乗せてもらったが、今後自宅から一番近い駅の利用を断られた。
行き先の水前寺駅までの区間、泣きたい気持ちを抑えて乗車した。
病気発症7年目になる。命が助かって、リハビリを重ねて今日を迎える。
JR乗車訓練も親と何度も繰り返し行ったこと。その甲斐・・あって、昨年1人で乗れるようになった。
勿論、JR職員の方々や乗客の方々に手を借りながら支えられてのことと感謝している。

                              (fasebook 本人投稿記事)



☆ 障碍者に無理解・・・悲しい ☆

障碍者に対する社会の冷たさに、悲しい気持になりました。
病気で車椅子生活になった友人の20代の息子さんが、一人でJR豊肥線を利用した時のこと。
友人と私は無人駅から無事に乗車できるか遠巻きに見ていました。
運転手は列車に息子さんを乗せてはくれたのですが、私達に向かって
「駅員のいる駅に行ってもらわないと困る」と怒鳴ったのです。
私達はショックと悔しさで涙が溢れてきました。私の息子も障碍者で、
友人同様に自立した社会生活を送らせたいのが願い。
社会の支えと理解は必要ですが、ほど遠い現実に、むなしくなりました。

                    読者のひろば・・・「はい!こちら編集局」・・投稿記事

                 

・・・JR九州熊本支店は、「無人駅も可能な限り、障碍者の方も乗車できるようにしています。
乗務員は親御さんの思いに考えが至らず。心無い言葉使いになったようです。厳しく指導します。」
と話しています。

この息子さんは、乗務員やお客様の助けと支えを頂きながらではありますが、約一年間この無人駅からの一人乗車を継続してきたのです。ホームには沢山の自転車が駐輪して有り、車椅子では通り辛い状況が殆どです。
お父さんや兄姉妹がJRを利用する度に、自転車の並べ替えを常とした努力等を重ねて、
一人乗車を成し遂げて来ました。今回初めて当事者を目の前にしての暴言でした。
悲しい事がないと前に進まず、辛い思いをしなければなりません。
病気や事故などで、これまでにも、ずいぶん辛い目に遭っています。
目的の駅まで乗車した彼は、きっと苦しくて悲しくて、凄く辛かったことでしょう!
まだ辛い目に遭わなければいけないのですか?まだ悲しい思いをしなければ動いてくれませんか?
自問自答してしまいます
この記事をご覧の皆さんどう思われますか?





スポンサーサイト

小国キャンプ

これから家族会の仲間の近況報告や発病時の様子を少しずつ記載させて頂きます。

キャンプ (800x600) CIMG3133.jpg CIMG3164.jpg



早速8月25日~26日家族会のキャンプ風景をお届けします。
今回は小国町の家族会の仲間にお世話してもらいました。
お天気に恵まれ、バーベキューで親睦を深め、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
参加者は30名程でしたが、歌ありギターあり、お笑いありと、日常を忘れさせてくれる時間となりました。当事者が一家の大黒柱(旦那様)や子供だったり、症状や環境も違いますが、この日ばかりはそんなこと全部忘れて、本当に楽しい時間を過ごしました。
食べきれないほどの沢山のお肉と野菜。もうダメ!食べきれない!と言うまで食べました!(^^)!
程よくお腹がいっぱいになったところでお楽しみタイム!
原っちょパパに司会をお願いし、お腹が痛くなるくらいに、楽しい時間を過ごしました。
(わいた山にはげの湯(笑・笑・笑・・・記憶力を試す時間????)
キャンプ3 (800x600)キャンプ4 (800x600) CIMG3157 (320x240)CIMG3118.jpg

ケンPのギターに合わせカラオケを・・♪♪♪・・・
ケンPは7~8年前からギターに挑戦し、ナント13曲も弾けるようになっていました。
高次脳機能障碍を抱えながらギターに挑戦しているのです。本当に凄い!の一言です。
ケンPの演奏に合わせてみんなで歌いました。
星空のもと生演奏で歌を唄い、ナント贅沢な時間でしょう。


スイカ割りに花火etc・・・・食べて笑って(*^。^*)
皆さんの笑顔を見て下さい。仲間の存在は大きな力となり、言わず語らずとも、同じように命の心配をし、仲間全員が“奇跡の人”なのです。
今回のキャンプが、明日への活力になった事と思います。


続きを読む

プロフィール

ぷらむ熊本

Author:ぷらむ熊本
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。